大切な人へのプレゼントなら

プレゼント

プレゼントにオススメのカタログギフトとは

大切な人へのプレゼントだからこそ、できれば相手が喜んでくれる物を贈って喜んでもらいたいですよね。
そんな時にオススメなのがカタログギフトです。
最近では定番になりつつありますが、カタログギフトとはどんなものなのでしょうか。
簡単に言うなら、ギフトを贈る側が予算に合う価格帯のカタログを購入して贈り、そのカタログに載っている商品の中から受け取った側が自分の好きな商品を選んで付属のハガキなどに記入し、カタログの発行元に送ることでその商品が届く、というものです。
そしてカタログギフトにはどのような種類があるのか、ということですがこれも今ではカタログギフトが広まってきたこともあり、本当に多くの種類があります。
内祝いやお返しにも最適であるとして、贈られることが増えてきています。
そのため、慶事・弔事問わず使えるものやそれぞれ専用のカタログギフトも出ています。

カタログギフトの種類

こちらのサイトは百貨店の大丸・松坂屋が運営しているネットでギフトを贈ることが出来るサイトですが、こちらを見ただけでもカタログギフトの種類の多さがよく分かります。
定番の食器や食品などはもちろんですが、絵画やアクセサリー、コスメなど趣味に近いようなカタログもあります。
多様化したからこそ、贈る側が今度はどの種類のカタログギフトを贈るかで迷って決められなくなることもあり、色々な種類のギフトをまとめた総合タイプも登場しています。
価格帯もかなり幅があってコースの数も多く、予算に応じたカタログギフトを選んで贈ることができるため、ギフトを贈る側にとってもかなり便利です。
こちらのサイトでは、シーンごとに選びやすいようなサイト作りがされているので、カタログギフトを贈る時にはオススメです。
参考:大丸・松坂屋

カタログギフトの良い点は、受け取った側もカタログの中から自分の欲しい商品を選べますし、そうやって選ぶ楽しみがあるということでしょう。
大切な人へのプレゼントですから、贈る側は万が一にも相手が持っている物を贈ってしまわないように、相手が好きな物欲しい物はなんだろうかと必死に悩むものです。
その結果、もし喜んでもらえなかったり既に持っている物を贈ってしまった場合、受け取った側も言い難いですし贈った側もそれが分かれば気まずくなってしまうこともありえます。
カタログギフトであれば、受け取る側が好きな物を選べるのですからそのようなことを避けることができますし、贈る側も色々と悩むこともなくなって失敗することもなくなります。
そういう意味で、カタログギフトはギフトを贈る側にとっても、贈られる側にとっても余計な心配をする必要がなく、贈りやすいギフトだと言えるでしょう。

Comments are closed.